心の重荷や汚物の処分場(公開)

サークルID:105 生きづらさのセルフヘルプサークル コメント:38 作成者:dryangle

心の中に潜む『不要な気持ち・腐った想い』を分別して処分しませんか?
幼い頃や過去に、怒り、悲しみ、不安、寂しさ、恐れを感じた″思い出したくない″
エピソードをココに綴って、未消化な想いを代謝させてしまいましょう!

「誰に対する」「どんな気持ちか」をポイントに書き綴ってみてください。
どうかレスは共感や提案をベースに交流しましょう^^
(レスやアドバイスの要不要を明記いただけると助かります)

この掲示板は 生きづらさのセルフヘルプサークル の掲示板です。
サークルに参加すると掲示板がご利用いただけます。
No.38

このコメントは削除されました

No.37 by ましろ さん

> No.36 dryangle さん

顔色や言葉、態度によって自分の中に埋め込まれた否定的な観念≒偏見
よく分かります・・。

今日も父は機嫌が悪そうにしています。
不幸そうな顔で、表情のどこかに「おまえのせいだ」という
感情が表れているように感じます。

今日はお墓参りに行くのですが、
いつも父は一人で行くので、誘いませんでした。
「行くね」と声をかけはしましたが・・。
3対1だと責めらているので、3人で出かける事にも罪悪感が生じるのです。

何か楽しい事をしようとすると息が苦しくなります。
今もです。
不機嫌そうな顔が私の罪悪感を刺激するのです。
何をどうやればこの罪悪感はなくなっていくのか、闇の中で手探りをしているようです。

父が穏やかな表情の日は、私も穏やかでいられるのですが
不機嫌そうな日は何も楽しい事ができず、息が苦しく感じます。
私の感情が父次第、になってしまっているんですね。

よく、この事を友人等に相談すると「ここをこうやってほめてあげれば・・」などと具体的なフォローのやり方を教えてくれます。
でも、子供でもない、ただ我侭なだけの大人。そんなフォローをする義務があるのだろうかと・・。
何よりそれを「したくない」という自分がいます。

今は、父の精神的フォローをしたくない、という自分に向きあっています。
それでも、自分が苦しい時は話しかける事をしてみたりしてしまうのですが
もちろん、良い反応など返ってこないのです。

どちらにしても父は不幸。
父はそこに対し、私に責任があるかのように言い、
態度で表します。
私はこの責任を心から放棄したい。
私は私として、生きたい。毎日を過ごしたいのです。

朝父に話しかける事もやめたい。
夕方父の夕飯時に父が寂しくないように傍にいるのもやめたい。
何より話したくない。
姿も見たくない。
離れたい(別居はもう無理だけど・・)

冷たいのかもしれません。

でも、これが今の私の本音なのです。

毎回、乱文長文申し訳ありません・・。
吐き出させてくださって、ありがとうございます。

No.36 by dryangle さん

> No.35 ましろ さん

>今も、楽しそうなことをやろう、と思った瞬間になぜか不安になります。
>どうしてか、先延ばしにしてしまうんです。
>楽しそうにしている人を見て思うのは、
>ただ、うらやましい、です。

まったく同じ感覚を、物心ついた頃から持っていました
(絵を描くことから遠ざかったのも、偶然にも一緒です)。
きっと喜びや楽しみを選びたい時にも、親の顔色を見なければならなかったのですよね。
そして肯定的な反応はあまり期待できなかった…

その顔色や言葉、態度によって自分の中に埋め込まれた否定的な観念≒偏見が、今もネガティヴな感情という信号を出し続々発掘されます。

いわばまるで地雷除去作業のようです。最近は爆発させずに除去できることも増えてきましたが、吹っ飛んで重傷を負ったこともありました(例え話ですが)。
見つけたそれと向き合う吐き気を覚えるほどの恐怖感は今も変わりませんが、取り去れた時の憑き物が落ちたような軽さを経験すれば前向きになれるはず。

どうか、あせらずに。
ご自分の心の原野を俯瞰できるように、ゆっくりと視野を広げていってください^_^

よかったら、ぜひまたお話ししましょう。

dryangle

No.35 by ましろ さん

> No.34 dryangle さん

dryangleさん、ブログを何度も何度も読ませて頂きました。
読みながら、子供の頃のことを思い出し、
自分はどんな風に生きてきたのか、改めて考えてみました。

私の両親は、二人とも良い人間だと思います。
決してひどい人でもないと思うんです。
ただ、私に対しては、過干渉でした。
そして、思うようにしなければ、怒られる事が多かったように思います。

私は小さかった時(今でも)絵を描く事が大好きでした。
あまりにも好きで、絵ばかり描いて外で遊ばない私に
母は絵を描く事を禁じました。
辛かった感情の記憶は薄れてしまっていますが、
覚えているという事は、辛かったのだと思います。

その後、思春期になっても大人になっても、
門限は10時。過ぎると職場の飲み会でも玄関に父が仁王立ちでした。
父や母が許す中での楽しみしか、私にはできなかったように思います。

母が亡くなり、しばらくは私が父の所に通っていました。
しかし、何年かのちに不安になったのか
「同居か、高齢者用マンションに住むか、俺はどちらでもいいから
そっちで決めてくれ」と言い出しました。

しかし、何度か高齢者用マンションに一緒に見に行ったりもしましたが
いっこうに決める気配もなく、結局「一緒に住もう」という
言葉を引き出したかったんですね。

あの時、同居を断る選択肢も出されたのに
なぜ自分は断らなかったのか・・。
明らかに嫌だったのにも関わらず・・。

今も、楽しそうなことをやろう、と思った瞬間になぜか不安になります。
どうしてか、先延ばしにしてしまうんです。
楽しそうにしている人を見て思うのは、
ただ、うらやましい、です。

まだ混乱していて、乱文申し訳ございません。
私を縛っているものは何だろう。
どうして父の事をこんなに恐れるのか。

心の糸をほぐしてくださるような記事を上げてくださって感謝いたします。
自分が取り戻せますように・・。

No.34 by dryangle さん

下でふれた罪悪感についての記事を一応アップしました。
ほんの少しでも心を鎮めるための参考になりますように。

dryangle

No.33 by dryangle さん

> No.31 ましろ さん

ゴメンナサイ!アップした記事を
うっかり削除してしまった…

思い出してまた書きます。

dryangle

No.32 by dryangle さん

> No.31 ましろ さん

私にとって罪悪感という心の枷(かせ)を外すということは
人生の大半を割くテーマとなってしまいました。

経験を含めまとめてざっくりとブログに書いてみましたので
よろしかったら目を通してみてくださいね。
殴り書きに近いので、読みにくい点があればお許しを。

今そこにある苦しみがほんの少しでも軽くなりますように。

dryangle

No.31 by ましろ さん

> No.29 dryangle さん


ご返信ありがとうございます。

「自分を許す」

今の私はまだ、自分が何に縛られているのかよく分かっていません。
なぜ父がこんなに私に嵐のようにしがみつくのか、私自身もなぜ
それに反応してしまうのか、分からないのです。

ただ子供の頃から、何か楽しい事を見つけると、
「だめ!」や「そんな事してる場合か」などと
ストップをかけられていたように思います。

結婚して親元を離れ、その間どれほどほっとした事か。
母が亡くなり、同居がやむをえなくなり、
今また私は楽しい事が思うようにできません。
離れた所で楽しんでいても、罪悪感が離れないのです。

父は常に私を見張り、自分の方に振り向かせるごとく
病人を演じ、ふりきろうと無視する私を責め、どこまでも
追いかけてきます。
私にはもう父には見えません。
得体の知れない黒い化け物のようです。

感謝と言う概念が分からず、人の感情が分からないので
思いやりをかけても、穴のあいたざるに放り込むような
感じです。

足音がしただけでも体が固くなります。
呼ばれると息が苦しくなります。
父を許す、という言葉を頭に思い浮かべただけで
吐き気がしてしまいます。

もう、手放したい。
自分に戻りたい。

No.30 by ましろ さん

> No.28 mon-biriko さん
mon-birikoさん、温かい言葉をありがとうございます。
奉仕をしたくない、と言いながら少ししてしまう自分がいます。
しないと、また態度で攻撃されるので、怖くてするのです。
どんな手を使っても愛情を貪ろうという、蛇のような執着心が怖ろしくて
たまりません。
物理的に離れることはもう難しいのですが、精神的に切り離す事が
できるようになりたいです。

No.29 by dryangle さん

> No.27 ましろ さん > No.28 mon-biriko さん

mon-biriko さんのコメントにあるのは、ましろさんにとってまさしく
ご「自分を許す」ことだと思います。

「自分を許す」って。

最近ではよく使われる言葉ですが、言葉のシンプルさとは裏腹に勇気を
持って怖れや嫌悪感と対峙しなければならない難しい作業です。

どれほど難しいかをイメージするとすれば。お父さまの体調や不機嫌が
ましろさんと同じ「死にたい(逃げたい)」という気持ちの表れなのだ
と仮定して、その苦し紛れの態度や責め文句を「ふーん、そうなのね」
とかわし「で、どう(なにを)したいの?」と何度も根気よく耳を傾け
快くそれを叶えるための協力をしてあげる。

…のと同じくらいに難しいはずなのです^^;
やはりもの凄い抵抗や拒絶、屈辱感がありませんか?

「自分を許す」ことと「お父さまを許す」こと、じつは心の奥底では
問題の本質がつながっています。

お父さまや他の人の、許しや許可、納得や応援、やさしさを得ずとも
「自分が」自分の人生を生きることを選択する。

自分の縛りを解くことは、自分にしかできないのですから。

長年お父さまが背負ってこられた苦しみの課題を引き受けられている
ようにも思えました。
今はお父さまとの関係を通して「自分の人生を生きる」という課題に
向き合う重大な機会のようにも感じます。

どうか、ご自分にやさしく^^

dryangle

No.28 by mon-biriko さん

> No.27 ましろ さん

優しくしたくないんです。→ 優しくしなくていい!
もう愛情のタンクは空っぽなんです。→ 空っぽでもいい。また埋めればいい!
話したくないし、何の奉仕もしたくない。→話さなくていい、奉仕もしなくていい!
私の人生を生きたいのです。→自分の人生を生きる!

みんなに与えられている自由の権利(^^)/

No.27 by ましろ さん

> No.26 dryangle さん

返信をありがとうございます。

今日も、夜に外食した父に、「どこで食べたの?」と聞いただけで
「そんな事何で聞くんだ」と怒鳴られました。
あまりの理不尽さに、どうしてそんな事を言うのかと
話をした所、耳が遠くなったのも、体重が極端に減ったことも
全てこちらのせいだ、というような事を言われたんです。
頭が真っ白になりました。
初めて「死にたい」と思ってしまいました。
もちろん、すぐ思いなおしました。
本当に死にたいのではなく、ここから逃げたかっただけでしたから・・。
娘も怖がって、そのあとのフォローが大変でした。

父は、アスペルガーの傾向があり、
自分以外の人の感情に共感する事ができません。
こだわりも強いです。
その上、被害感情が強く、すぐに僻みます。
自分だけが家族から仲間ハズレにされていると思ってしまうようです。
確かに夫、娘、私も元々あまり話さない人です。
それがどうも寂しいというか気に食わないようで、
被害感情を一人で募らせてしまうようなんです。

甘えに付き合わなければ、体調を自ら崩してまで
罪悪感を刺激し、優しさを貪ろうとする・・。
もはやあの人は父親ではありません。
愛情を貪るゾンビです。

優しくしたくないんです。
もう愛情のタンクは空っぽなんです。
話したくないし、何の奉仕もしたくない。
私の人生を生きたいのです。

No.26 by dryangle さん

> No.25 ましろ さん

ましろさん、はじめまして^_^

私もまったく同じ枷にハマってもがき苦しみました。

ましろさんが、お父さまの言動以前にご「自分の中の罪悪感」に縛られ
苦しんでいるのだと自覚されていることは大きな気づきだと思います。
それが喜びや楽しみを感じること、果ては生きる実感さえも自分自身に
禁じてしまう。

想像ですが、お父さまもまた実親に精神面で甘えることを許されぬまま
ご自分の子どもの内で一番甘え易いましろさんに物理ひいては精神的に
「しがみついて」いるように感じます。

ましろさんのできることはその「罪悪感の呪い」のような構造を見抜き
意識してご自分を許し、解き放つことだと思います。

経験しているので、その苦しさ怖さ辛さは重々承知の上ですが、敢えて
「したくないことはしない」「してあげたいと思えることをする」を
「お父さまの不機嫌に付き合わない」ことをぜひ貫いてみてください。

誰か(お父さま)に許されようとせずに、ご自分が自分を許していく。
キライ、嫌だと感じること。やりたくないこと。できないこと。
全部受け容れて、そのまま行動して(しないで)許してあげてください。
少しづつでも、そこから窒息しそうな息苦しさが弱まっていくはずです。

苦しさ重さは、いつでもこちらで吐き出していってくださいね^_^

dryangle

No.25 by ましろ さん

> No.24 mon-biriko さん

返信ありがとうございます。

そうですよね、楽しむことに罪悪感があるなんて
おかしな事だと思います。
とにかく自分の不機嫌を色々な形でぶつけてくるのです。
言われないように、家事もしているのですが、
どんなにやっても文句の材料を探しては不機嫌をぶつけてきます。
弟がいますが、弟には一切言いません。
私にだけ。
今もお墓の掃除をしにいく、というので一緒に行こうか?と
声をかけると、「もういい。いつも一人でやっている」と
不機嫌そうにします。
「いつもお前らはやらない」と責められているような気持ちです。
いちいち罪悪感を刺激されるのです。

一日中責められているような、重い鎖に繋がれているような
苦しい気持ちです。
夫にもちゃんとは分かってもらえず、子供にはなるべく不安な気持ちに
させたくありません。
ここには私の自由などどこにもありません。

ここにだけ吐き出しますが、「もうだめだ。あと2,3年だ。」
と言われた時、あと2,3年もこれが続くのか・・と思ってしまいました。
ひどいとは思うのですが、思ってしまったんです。
毎日苦しくてたまりません。
自由になりたい。

No.24 by mon-biriko さん

> No.23 ましろ さん
わかります!わかります!!!私は母から離れましたけど。

自分は自分!!!自分が楽しむ事に罪悪感はいらない。
思いっきり楽しくいよう。
楽しさを伝染させちゃうくらいに。

不機嫌な顔されたらスルー。
その場から逃げるのも手。

大丈夫です!ましろさんなら出来ます♡

No.23 by ましろ さん

初めまして。
家族問題で心を打ち明ける場所を探してこちらに辿り着きました。
私は4人家族、夫と娘、実父と暮らしています。
母亡き後の父の精神的依存に悩んでいます。

昔は父親らしく堂々としていた父ですが、
母が亡くなってからというもの、私に精神的に依存するようになりました。
とにかく、私を思うように動かしたい。
娘だから、娘なのに、と常に色々な手で圧力をかけてくるのです。

父とは、母が亡くなってから同居するようになりました。
それまで3人で暮らしていたので、いきなりお互いペースを合わせる事は難しく
苦労しました。
一番困るのは、3人で行動すると、何となく僻むこと・・。
「3対1だ」とぼやくのです。
もう娘も二十歳ですし、私には私のやりたい事もあり、
もうそんなにべったりでもないつもりなんですが・・。

最近は耳も遠くなり、老化が進み、
その事を気に病み、ふさぎがちです。
趣味も持ち、交流もあるのですが耳が遠くなった事で
最近はあまり行かなくなりました。

「もうだめだ。あと2,3年だ。自分で分かる(死ぬということ)」
などと言うのです。
でも、健康面は悪い所はなくて、毎日出歩いています。

辛いのは、とにかくいつも不幸そうな顔をしている事。
不機嫌をぶつけてくる事。
楽しそうな事をしたくても、している間常に罪悪感がつきまといます。
父の不幸そうな顔が離れないんです。
このままだと私の人生は父の人生になってしまいそうで怖くて。

長文乱文申し訳ありません。
こちらで、時々吐き出させてください・・。

No.22 by dryangle さん

> No.21 モモ さん

遅レスですが、今の状態はどうでしょうか?
他の掲示板、他の方への書き込みで大変恐縮なのですが
一つの方法として試してみてはいかがでしょうか。

ほんの少しでも早く、少しでもお気持ちが楽になりますように。

dryangle

No.21 by モモ さん

誰かに聞いてほしくてこちらに書き込みます。

普通にできる事ができない。
家事が思うようにできない、時間やスケジュールの組み立てが苦手、
大人になっても同じ失敗で怒られる。

人とコミュニケーションとりたいけれど下手で
変な人と言われて 離れる。

困っている事が伝わらずに
誤解されている

なんか、生きにくいと感じる。

ずっと、頭の中が整理つかなくて
同じことで
ぐるぐる考えて、それだけで1日終わり疲れて
常に不安感や理解してくれなくて落ち込む。

回りにいる、彼も何も変わらない様子・行動を起こさない私に怒りより

情け無い。ように感じとれます。

No.20 by モモ さん

> No.19 aozora_2009 さん
こちらこそ、ありがとうございます😊

お互い 体調管理には気付けましょう!
では(●´ω`●)

No.19 by aozora_2009 さん

> No.18 モモ さん
お返事ありがとうございます(^◇^)
インターネットを通じてだけど、少しお話できてよかった~
冬は、2月が一番寒いと聞きますが
すでにインフルエンザなど流行っているようです
どうか体を暖かくしてお過ごしください

同じジャンルの掲示板